カードローンの使い方を間違えると

みなさんは、カードローンを使ったことはありますか? カードローンにどのようなイメージを持っているでしょうか? 現金が足りない時にちょっと借りる……、そんなイメージの人もいるかもしれません。

実際、カードローンを利用することには、さまざまなメリットがありますよね。 一番大きいのは、やはり「気軽に借りられる」ということではないでしょうか。 たとえば、急なお出かけのために数万円、いきなり人に借りるのには抵抗があるかもしれませんが、カードローンであれば人に頼むのとは違うので気持ち的にも負担になりませんよね。 数万円程度なら、次の給料が入った時に返せばいい……、そんな風に考えるのではないでしょうか。 カードローンを使うためには、カードローンの審査を通過する必要がありますが、それさえ済ませてしまえば専用のカードが発行され、そのカードを使っていつでも簡単に現金を借りることができるようになるのです。 ATMの操作で借りるので、対面形式に比べて気楽な気持ちで24時間必要な時に借りることができるのです。

これは、たいへん便利ですよね。 カードローンのメリットはたくさんあると思います。 賢く使いこなすことができれば、何の問題もありません。

しかし、人間の心というのは、そんなにキッチリとはできていないものなんです。 キッチリとできる人もいますが、そういう人はまず、現金に困っているから借金しようということにはならないでしょう。 節約するなり、不用品を手放すなり、親や兄弟など信用できる人に借りるなり、方法を考えると思います。 本来、借金を負うというのは、気持ち的に苦しいものなのです。 その苦しさを避けて、簡単にお金を手にいれると、返すための苦しみに耐えることができません。 気軽に借りることができることは、カードローンの最大のメリットであると同時に、違う側面から見ると最大のデメリットでもあるということになります。

カードローンのデメリットは、簡単に言えば気軽に借りることができる故に、「借りすぎてしまう」ということです。

初めは気軽な気持ちで借りた人が、多重債務に苦しむ……なんていうのも珍しくないことです。 借金を負う苦しさを味わわないでお金が手に入るので、自分の返済能力を超えて借りすぎてしまうのです。 借りすぎてしまった場合は、当然ですが返済が困難になりますよね。 返すためにまた別のカードローンを使う……なんていうことを始めるともうダメです。 多重債務への道、まっしぐらです。

使い方さえ間違わなければ、自分の味方になってくれるカードローン。 初めてのカードローンの前には、まずはリスクを考えるところからはじめましょう。

ブックマークサイト

カードローンの審査は大手は安心!甘い言葉の審査をうたうとこは
カードローンの審査は、信用情報機関からの情報で審査が行われその情報を元にしているから甘いとこはないと思うべき